介護が必要な暮らし|有料老人ホームの種類はこんなにもある|将来を見据えて

有料老人ホームの種類はこんなにもある|将来を見据えて

笑顔のシニア女性

介護が必要な暮らし

介護

ベッドタウンとして栄えた松戸ですが、現在も人口が増え続けているため、活気のある街並みが広がっています。若い世代の人口が多い松戸ですが、この地域にも高齢化は進んでおり、エリア内には老人ホームも見られます。比較的若い世代が多いため、老人ホームで働くスタッフも若く、明るく元気でハツラツとした環境となっています。老人ホームは介護が必要な人が入居しますが、症状が軽度の人はデイサービスやショートステイを利用しています。松戸は老人ホームの数が多いため、介護に問題を抱えている人や、高齢者の一人暮らしに不安を感じる場合は、条件が合えば入居が可能です。介護は不要だけど、健康に不安を感じ老人ホームに入居したいなら、住宅型有料老人ホームもあります。

老人ホームは24時間、他の入居者と生活を共にするため、話し相手や趣味を楽しむ時間が持てるのが魅力です。老人ホームの部屋割は、介護の程度にもよりますが、症状が軽度の場合は自由に歩きまわる事ができます。症状が中度や重度の場合は、常に介護者が必要になりますが、スタッフが手分けして担当するので、安心して任せる事ができます。食事ができる人は自分で食べますが、一人では困難な場合は、スタッフが隣でサポートしながら食事をします。また入浴も一人で入るとリスクが高まるため、安全に入れるよう、スタッフが付き添って洗髪や洗いを行います。松戸は都心に近いため、明るくにぎわいがあり、そこで働くスタッフも入居者も笑顔が溢れているのが特徴です。